【初心者向け】コピックの黒服って何番?影は?おすすめの番号と塗り方

コピックで黒を選ぶ時、迷いますよね~~。私も黒選びはかなり苦戦しました。
グレーはC、N、T、Wの4系統全部で46色もあり、どれが髪の毛にいいのかわからない・・・!コピックの黒服って結局何番がおすすめなのか!?
そこで、ベースや影におすすめの番号と塗り方を紹介していきます。

コピックで買うべき黒服の色はコレだ!!

N、C、T、Wいずれにしても、5か6をベースに7を影で入れると、ちょうどいい濃さに仕上がります。

ベースと影の明度を2段階上げると少し色の差がキツイ場合が多いので、
黒は連続した明度(5と6、6と7など)を使うのがベターです。

CはC-0C-1C-2C-3C-5C-7とコピックチャオの展開があります。
まずチャオで試してから、気に入った濃さをスケッチで買っていくといいでしょう。

スポンサーリンク

コピックの黒服って何番?

コピックの黒というと100か110なんですが、
ぶっちゃけ黒すぎて使い物になりません。
しかもそこまで深い黒ではないので、完全な黒を出したいなら筆ペンがベストです。
要は中途半端な色なんですよね。

なので、基本黒で使うのはグレーです。

とはいってもグレーはC、N、T、Wの4系統全部で46色あるので、かなり迷いますよね。

色記号 どんな色か 種類
C Cool Gray(クールグレイ) 12色
N Neutral Gray(ニュートラルグレイ) 11色
T Toner Gray(トナーグレイ) 11色
W Warm Gray(ウォームグレイ) 12色

この中で、黒服に一番オーソドックスな黒として使えるのはNです。

Nを基準に

  • グレーを強くしたいならC
  • やわらかい色味にしたいならT
  • 茶色味を強くしたいならW

・・・という風に選んでいくと、
自分の好みの色が選べます。

そして、色の明度はそれぞれの5~7くらいを使うのがオススメです。

スポンサーリンク

コピックの黒服カラーを実際にぬり比べてみる

ではでは、実際に塗り比べてみます。

オーソドックスな仕上がりのN

使用色
ベース:N-6、影:N-7

もう少し薄めに仕上げたいなら、ベースをN-5にするといいです。
影は同じくN-7です。


コピックスケッチ N-5


コピックスケッチ N-6


コピックスケッチ N-7


コピックスケッチ N-8


コピックスケッチ N-9


コピックスケッチ N-10

N-5N-9の濃度差はこんな感じです↓↓

一番薄いところが5、濃いところが9です。
8と9は画面じゃあんまり違いがわからないですね・・・。

より濃く出したいなら、やはり8より9、9より10です。
ただ、10はちょっと濃すぎて、塗り重ねると髪が波打ってしまいます・・・。

スポンサーリンク

よりグレー味(青味)が強いのがC

 

使用色

C-5C-6C-7C-8C-9C-10
※影はそれぞれベースより一段階濃い色で入れています。

CはNに比べると青味が強いです。
なので、女の子の白い肌との相性はCが抜群です。
Cはやや濃度が薄めなので、Nに比べると1段階上げて同じくらいの濃さに仕上がります。


コピックチャオ (ciao) C-5


コピックスケッチ C-6


コピックチャオ (ciao) C-7


コピックスケッチ C-8


コピックスケッチ C-9


コピックスケッチ C-10

スポンサーリンク

やわらかい色味にしたいならTがおすすめ

  

使用色

T-5T-6T-7T-8T-9T-10
※影はそれぞれベースより一段階濃い色で入れています。

Tを使うと、やわらかい黒が出せます。
男女問わず使えますね。


コピックスケッチ T-5


コピックスケッチ T-6


コピックスケッチ T-7


コピックスケッチ T-8


コピックスケッチ T-9


コピックスケッチ T-10

スポンサーリンク

茶色味(赤味)が強いのがW

使用色

W-6W-7W-8W-9W-10
※影はそれぞれベースより一段階濃い色で入れています。

Wは黒というよりグレージュの濃い色っぽいですね。
これはこれで服のカラーとしては使いやすく重宝します。女の子のスカートなんかにも。
私は髪色にも活用しています。
が、スーツにいれるならちょっとオッサンっぽいですね(笑)

Wの濃い色は木の幹などの自然物にも活用できます。


コピックチャオ (ciao) W-5


コピックスケッチ W-6


コピックチャオ (ciao) W-7


コピックスケッチ W-8


コピックスケッチ W-9


コピックスケッチ W-10

スポンサーリンク

黒服の塗り方メイキング

服を塗る時も
ベース色 + 影色の2本で濃淡を作るようにしましょう。

コピックは1本でも塗り重ねことでかなり色の違いを出すことができます。

本数を使えば使うほど、影とベースの境目がはっきりついてしまったり、ゴテゴテとくどい印象を与えてしまいます。
特に服はうるさくなってしまいます。

ベースカラーで塗ってから、濃い色で影を少し小さめに入れ、再びベースからでなじませていきます。

なじませるポイントは、
ベースのカラーをザーッと塗って、乾かないうちに影色を入れていくこと。

逆に、完璧に乾いてから影色を入れると、パキッとした影を作ることができます。
乾いてから影を入れる時は、ベースカラーで入れると上手くいきます。
明度を上げると、そこだけくっきり浮いたようになり、そこから再びベースカラーでなじませようとしてもどんどんムラになるだけです。

水彩と同じく、コピックも色を流し入れてから乾くまでの時間勝負!です。

スポンサーリンク

近くにコピックが買えるお店がない人はコチラ!

近くにコピックが売っているお店がない人には
「Tools楽天shop」というネットショップがおすすめです。

コピックのメーカー直営「Tools」の楽天版で、5,000円以上で送料無料
コピックなら13本、チャオなら19本以上で送料無料になります。

Toolsのコミックセールと楽天スーパーセールが重なる時期を狙えば、
最大で定価より1本75円も安く買えてお得です!

>>コピックをTools楽天shopで買う!<<