コピックチャオとスケッチの違い3つ!値段と色の種類、インクの容量を徹底比較

コピックを使ってみたいけど、「コピックチャオ」と「コピックスケッチ」は何が違うのか?
コピックを買おうとした時、最初に初心者が迷ってしまうところですよね。
実は基本性能の違いはないんです。チャオとスケッチの違いは3つ。値段と色の種類、インクの容量を徹底比較していきます。
チャオが作られた歴史もあわせてチェック。

コピックチャオとスケッチの違いは?

チャオとスケッチを表で比較

コピックスケッチとチャオを表で比較するとこんな感じです。
※価格は2019年1月時点、税込。

 種類   色数 値段
コピックスケッチ 358色 410円
コピックチャオ 180色 270円

画像引用元:コピック公式サイト

結論から言うと、

基本性能(インクの色)は全く同じです。

じゃあ何が違うのよ?っていうと、
値段と色数、インクの容量が違います。

順番に見ていきましょー。

スポンサーリンク

値段

一番の違いはやはり値段です。

スケッチが1本410円で、チャオが270円
140円差です。

スケッチ3本分でチャオは4本買えます。
これはでかい。

スケッチはねー、
なんだかんだ言って高いんですよ。

変な色買っちゃったらどうしよう?ってちょっと躊躇する価格ですよね。
でもチャオだったら、「試しに買ってみるかー」くらいの軽い感じで買える。

チャオで気に入った色を見つけたら、
スケッチ買って→バリオスインクで補充
の流れが買い足しとして一番おすすめです。
リスクが少ない。

ちなみにコミックセールで10%オフになると、
スケッチが368円、チャオが240円で買えます。
オイシイ。

スポンサーリンク

色の種類

スケッチは色数が全358色に対し、
チャオは全180色です。

「初心者が迷わないように色数を抑えてある」ってことなんですけども、
それでも180色だからね。多いよね。

初心者は迷いまくる。
なので各色の講座ガッツリやってます。
基本チャオを紹介しているので、ぜひ活用してください。

スポンサーリンク

インクの容量

インクの容量は
スケッチが3cc、チャオが2.5cc。
チャオの方がインクの量が少ないです。

これってどんなもん?っていうと、
ブロードニブを使ってB4サイズの全面1回塗りで、

スケッチは平均37枚、
チャオで平均27枚。

人物を塗るには十分な量ではあるんだけど、
背景とか広い面積塗ってるとすぐなくなります。

で、インクの補充って「バリオスインク」でやるんですけど、
補充するならチャオよりスケッチにすべきです。

チャオだと容量が少ないので補充しにくいんですよ。

なので、気に入った色が見つかったら、スケッチに乗り換えましょう。

スポンサーリンク

コピックチャオの歴史

もっとチャオのこと知りたいー!という人のために、
チャオの歴史をお話しておきましょう。

コピックチャオはコピックファミリーのエントリーモデルとして、1998年に発売された商品です。

価格を抑えても基本性能を落とさなかったことから、チャオとスケッチの違いがわからない人が意外と多いです。

値段や色数、インクの容量以外では、

  • 小学生から使えるように、手のサイズに合わせて握りやすい細身の丸ボディ
  • 小さなお子さんがいる家庭で使えるように、誤飲対策として安全キャップ構造

となっています。

あとは、エアブラシはチャオは未対応です。

スポンサーリンク

チャオとスケッチの違いまとめ

まとめると、

  • チャオの方が値段が140円安い。
  • チャオの方が色数が少ない。
  • チャオの方がインクの容量が少し少ない。

インクを補充して使う時のコスパはスケッチの方がいいので、
チャオは自分のお気に入りの色を見つけるのに活用しましょー。

スポンサーリンク

近くにコピックが買えるお店がない人はコチラ!

近くにコピックが売っているお店がない人には
「Tools楽天shop」というネットショップがおすすめです。

コピックのメーカー直営「Tools」の楽天版で、5,000円以上で送料無料
コピックなら13本、チャオなら19本以上で送料無料になります。

Toolsのコミックセールと楽天スーパーセールが重なる時期を狙えば、
最大で定価より1本75円も安く買えてお得です!

>>コピックをTools楽天shopで買う!<<