【YouTubeショート】収益化までの道!再生回数300万突破で実際に報酬を受け取るまで

YouTubeショート(Short)の収益化が可能になりましたが、実際どのくらいの再生数でボーナス報酬がもらえるのか?気になるところですよね。
私自身対象となることができたので、実際の数字をもとに、ショートの収益化の仕組みと、報酬の受け取り方・申請方法について解説していきます。

YouTubeショートの収益化の仕組み

2021年7月から、YouTubeショートの収益化が可能になりました。
公式発表の動画がこちら↓↓

発表内容をまとめると、
2021年~2022年にかけて、対象クリエイターに1億ドルを分配する基金から、毎月100ドル~1万ドル獲得できます。
ボーナス額は、パフォーマンス指標に基づいて金額は調整されます。

  • 月間視聴回数
  • 視聴者の居住地域

前月のショート動画のパフォーマンスを基に、毎月数千名のクリエイターに連絡が来ます。

  • 該当月だけでなく、その月に視聴されたショート動画の視聴回数もすべて対象
  • 受給要件は毎月更新→継続的な投稿が必要

スポンサーリンク

審査要件

  • 過去180日間にオリジナルのショート動画をアップしていること。
  • コミュニティガイドライン、著作権ポリシー、収益化ポリシーを遵守していること。
  • 第三者のSNSに投稿された透かしやロゴを含むコンテンツをアップロードしていないこと。
  • 映画やテレビ番組の未編集のクリップなどをコピーしたコンテンツでないこと。
  • 対象国に住んでいること。
  • Googleアカウントの管理を許可される最低年齢に達していること。または保護者や法定後見人の許可を得ていること。

他人の動画の無断転載は漏れなく対象外です。当然ですが。

YouTube動画が収益化に達していなくても対象になる

YouTubeの通常動画を収益化するには、

  1. チャンネル登録者1000人
  2. 総再生時間4000時間以上

の条件をクリアする必要がありますが、
ショートに関してはこの条件を満たしていなくてもボーナス対象になります。

スポンサーリンク

YouTubeショートのボーナス報酬の受け取り方

受給資格を満たすと、翌月8~10日頃に、ボーナス申請の案内メールが届きます。

実際に私も9月10日に、8月分のメールが届きました。

その後の申請手順を画像つきで順に見ていきます。

1.  メール or 通知の「申請する」ボタンをタップ

「申請する」ボタンをタップすると、手続きページに飛びます。

メールとあわせて、YouTubeスタジオのトップにもお知らせの通知が来ます。

通知の「報奨金の申請手続きを行う」ボタンからも、申請は可能です。

・・・が、なぜか私はここからだと上手く飛べなかったので、メールから手続きしました。

2. 利用規約に同意する

「START」ボタンをタップすると、利用規約が表示されるので、「同意する」にチェックを入れます。

3. 有効なAdSenseアカウントをリンクする

AdSenseアカウントを既にチャンネルにリンク済みの場合は、これでボーナス申請は完了です。

まだチャンネルの収益化ができていない場合は、AdSenseアカウントをリンクしてください。

ボーナスの支払い(振り込み)はいつ?

申請が完了すれば、翌21~26日の間に支払いが行われます。

例えば8月分のボーナスは、
9月8~10日頃に案内メールが届く
→10月21~26日頃に振り込み
というスケジュールになります。

振り込みまでは2か月程ラグがあるということですね。

ボーナス申請は月単位

ショートは月ごとにボーナスを申請する必要があります。

25日までに申請しないと期限切れになる可能性があるので、
メールが届いたら、できるだけ早く申請するようにしましょう。

スポンサーリンク

再生回数はどのくらいで収益対象になる?

一番気になるのはここですよね。

あくまで私自身の経験からになりますが、
7月は80.9万再生でボーナス対象にはなりませんでした。
で、8月は309.2万再生でボーナス対象になったことを考えると、
おそらく100万再生が最低基準ではないかと思われます。
あくまで推測ですが・・・。

ただ、これ300万再生ならボーナス300ドルかというと、そうでもないので、どのくらいまでが100ドル枠なのか?
かなり不透明ですね・・・。
1,000万再生で1,000ドルなのか???

元々YouTubeショート自体、収益化を目的としてやるものではないので、
ボーナスはオマケ程度に考えておくのが良いのではないかと思います。
対象になればラッキー、くらいで。
心付けですよね(笑)

「登録者数を伸ばす」という点においては、間違いなく優位に作用してくれますし、
実際YouTubeのアルゴリズムにおける評価も着実に上がっているので、
ショート動画に取り組む価値は十二分にあります。

いろんな曲が使えるようになったり、どんどん機能も充実していますし、YouTubeも今後もっと力を入れていくでしょう。
ぜひ参入しておきたい市場ではあります。
もう少しデータが取れたら、ショートの攻略法もまとめますね!